寒冷地仕様は必要?本州に住んでるけど…

寒冷地仕様はどんなときに必要?

ヴェルファイアを購入しようと考えています。ディーラーで話をしていると、「ヴェルファイアは縦長なので、冬場の2~3列目は少し寒いかもしれない」という話をされました。

 

うちには小さな子どもがいるので、後ろの方が寒いとかわいそうだなと思います。寒冷地仕様にすると少しはマシなのかなと思うのですが、どうなのでしょうか。

 

なお、私は愛知県に住んでいて、普通は寒冷地仕様にはしないと言われました。

 

回答

 

確かに、ヴェルファイアには寒冷地仕様があります。北海道や東北など、雪が降る地域では必須のメーカーオプションとなっており、追加しないと冬場はまともに運転することはできないでしょう。

 

ただ、雪の降らない地域に住んでいる場合は、寒冷地仕様は一般的には追加しません。実際、例えば関東圏での寒冷地仕様率は1%以下となっています。

 

そういった地域で寒冷地仕様が必要かどうか判断するには、まずヴェルファイアの寒冷地仕様の詳細について知っておきましょう。

 

機能 標準仕様 寒冷地仕様
エンジン冷却水 LLC 30% LLC 50%
フロントドアガラス UVカット UVカット+撥水機能
ウインドシールドデアイサー なし あり
エアースパッツ フロント フロント+リア
ウィンドシールドワイパー 標準 寒冷地用
ドアミラー レインクリアリングミラー レインクライリングミラー(ヒーター付き)
フロントヒーター 補助ヒーターなし 補助ヒーターあり
リヤヒーター なし あり
フロアアンダーカバー 標準 寒冷地仕様

 

↑はヴェルファイアに寒冷地仕様を付けることで追加される機能の一覧です。大半が氷結対策で、よく氷点下になる地域でないと意味がない装備となっています。

 

車内の温度調整に関係しているのは、表のオレンジ背景の部分です。要するに、フロントヒーターが補助付きになって出力がアップする点と、リヤヒーターが追加される点です。

 

こうなると、「ヒーターの性能アップのためだけに寒冷地仕様を付けるのも・・・」と思うかもしれません。

 

ただ、ヴェルファイアの寒冷地仕様は約3万円(メーカーオプション)となり、比較的安いです。例えばヴォクシーの寒冷地仕様は約9万円なので、ヴェルファイアはトヨタの車の中ではかなり安い価格で寒冷地仕様が付けられるのです。

 

また、寒冷地仕様にすることで外見が大きく変化したり、大きく性能が落ちると言ったこともありません。機器が追加されるため多少車重が重くなりますが、燃費性能の悪化を招くほどではないので、気にする必要はないでしょう。

 

なかなか氷点下にならない地域であれば、寒冷地仕様のほとんどの機能が無意味になってしまいますが、「3万円でヒーター類が強化される」と考えればなかなか価値のあるオプションかもしれません。


関連ページ

プリクラッシュセーフティシステムって何?価格はいくら?
ヴェルファイアでは、「プリクラッシュセーフティシステム」の利用が可能です。ほとんどのグレードでメーカーオプションとなっているため追加料金は必要ですが、自動ブレーキ機能によって衝突回避ができます。