安全性・安全機能について|自動ブレーキなどを解説

ヴェルファイアの安全性能を評価する

今や安全性能はクルマを買ううえで重要なポイントの一つになっています。なので、ヴェルファイアの安全性について知りたい人も多いでしょう。

 

ここでは、ヴェルファイアの自動ブレーキ等を含む、安全機能について徹底解説します。

 

ヴェルファイアの先進安全機能

 

ヴェルファイアは先進的な安全機能を採用しており、さまざまなシーンでトラブル回避に役立ちます。まずは、グレード格差のある安全機能について見ていきましょう。

 

レーダークルーズコントロール

 

ヴェルファイアのレーダークルーズコントロールは全車速追従型にグレードアップされており、先行車の減速・加速だけでなく、停止にも対応。先行車が発進した場合、ドライバーの操作による発進が必要とはなりますが、ほぼ自動運転のような形を実現しています。

 

プリクラッシュセーフティシステム

 

単眼カメラとミリ波レーダーの2つのセンサーを利用し、前方の障害物と衝突する可能性が高い場合に警報によって衝突回避を行います。また、ブレーキアシスト機能も付いているので、警報によってドライバーが障害物に気付き、ブレーキを踏んだ場合に制動力を増やすこともできます。

 

また、自動ブレーキも付いているので、万が一ドライバーがブレーキを踏めなかった場合も、プリクラッシュブレーキが作動して衝突回避もしくは衝撃の軽減を行います。

 

インテリジェントクリアランスソナー

 

アクセル&ブレーキの踏み間違いやアクセルの踏みすぎによっておこる衝撃の緩和に役立つ機能です。前方/後方のセンサーによって、前後から近づいてくる障害物を検知し、警報で知らせてくれる「クリアランスソナー」は全車標準装備ですが、さらに「インテリジェントクリアランスソナー」の場合は障害物との距離が縮まると自動的にエンジンを抑制したり、ブレーキをかけたりして衝突を予防します。

 

  1. レーダークルーズコントロール
  2. プリクラッシュセーフティシステム
  3. インテリジェントクリアランスソナー

 

については、グレードや装備状況にちょって搭載できる機能が違ってきます。対応状況については↓をご覧ください。

 

>>メーカーオプション・パッケージの詳細やおすすめ

 

 

LEDコーナリングランプ

 

ウィンカー操作やステアリング操作に連動して、ヘッドランプの照らす方向を自動的に変更する機能。交差点で右左折する際に、歩行者や障害物を見つけやすくなります。

 

標準装備のヴェルファイアグレード

 

ハイブリッド:Executive Lounge、V“L エディション”、V、ZR“G エディション”、ZR
ガソリン:Executive Lounge、VL、V、ZA“G エディション”、Z“G エディション”

 

上記グレード以外は装備不可

 

オートマチックハイビーム

 

カメラセンサーが明るさを検知し、ハイビームとロービームを自動的に切り替えます。そのため、最適な前方視界を確保しつつ、前方から来る車の視界を遮らないようにできます。

 

標準装備のヴェルファイアグレード

 

ハイブリッド:Executive Lounge、V“Lエディション”、ZR“Gエディション”
ガソリン:Executive Lounge、VL★、ZA“Gエディション”

 

上記グレード以外は装備不可

 

ヴェルファイアに標準装備の安全機能

 

次に、全グレード共通のヴェルファイアの安全機能を見てみましょう。これから紹介するものに関しては、グレード格差なく、どのクラスでも利用できるものとなります。

 

SRSエアバッグ

 

ヴェルファイアには、以下のSRSエアバッグが全車標準装備となります。

 

  1. SRSエアバッグ(運転席・助手席)
  2. SRSニーエアバッグ(運転席)
  3. SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)
  4. SRSカーテンシールドエアバッグ(1~3列目シート)

 

前列シートを前方から防ぐSRSエアバッグはもちろん、横からの衝撃から守るSRSサイドエアバッグも標準装備。しかも、一般的にはメーカーオプション扱いとなるカーテンシールドエアバッグについても標準装備となるため、1~3列目についても横からの衝撃を緩和することができ、安全性が高くなっています。

 

全席ELR付き3点式シートベルト

 

 

ELRとは「Emergency Locking Retractor」のことで、緊急時(衝突時など)のみロックをするシートベルトの方式です。また、1列目~2列目シートはテンションリデューサー付きとなるため、普段は締め付け感があまりなく、快適な状態を保ちますが、何かに衝突した場合のみプリテンショナーが働いてベルトの緩みを巻き取り、ベルトをロックして体を固定します。なので、快適性と安全性の両方を確保することができるのです。

 

汎用ISOFIX対応チャイルドシート固定専用バー

 

汎用ISOFIX対応チャイルドシート(新保安基準適合)であれば、セカンドシートにワンタッチで着脱することができます。

 

※汎用ISOFIXに対応していないチャイルド・ベビーシートについてはシートベルトでの装着になります。

 

EBD付ABS+ブレーキアシスト

 

車両の前後左右の制動力制御をするEBD機能付きのABSが標準装備となります。そのため、ブレーキ作動時に効果的にタイヤロックを防ぐことができます。また、緊急ブレーキを検知して制動力をアップさせる「ブレーキアシスト」も追加されます。

 

ドライブスタートコントロール

 

シフト操作ミスによる急発進や急加速をコントロールし、衝突被害を減らします。例えば駐車場でバックしている際に後ろをぶつけてしまい、慌ててシフトをDに変更したときに、エンジン出力を抑えます。そのため、急発進による追加被害を防ぐことができます。

 

車両接近通報装置(ハイブリッドのみ)

 

ヴェルファイアのハイブリッドグレードのEV走行中はエンジン音がしないため、そのままでは前を歩く歩行者に気付いてもらえず、飛び出しなどの原因になります。車両接近通報装置があると歩行者に気付かれやすい特殊な走行音を発音できるので、接近を伝えることができます。一時停止スイッチもあり、オン/オフの切り替えも可能です。

 

VDIM(ハイブリッドのみ)

 

アクセルやブレーキ、ステアリング操作は、ドライバーの走行イメージと実際の操作量が異なることがあります。そうなると車両の挙動が乱れて事故につながりやすくなります。VDIMではドライバーのイメージと実際の操作量の差を縮めるように働き、横滑りなどの限界状態になる前に制御を行って、ドライバーのイメージに近い走行ができるようにします。

 

S-VSC(ガソリン車のみ)

 

  1. ステアリング制御(EPS)
  2. ブレーキ制御(VSC、ABS)
  3. 駆動力制御(VSC、TRC)

 

の制御システムを、総合的に管理するシステム。車両の挙動を安定化させるよう駆動力やトルクをコントロールするため、滑りやすい路面でのコーナリングなどでも横滑りなどを防ぐことができます。

 

ヴェルファイアの安全性能まとめ

 

ヴェルファイアにはさまざまな安全機能があり、かなり高い安全性を誇っています。しかし、先進安全機能については全車標準装備とはならず、メーカーオプションや設定なしといったこともあります。もし先進安全機能を利用したい場合はどうしても購入予算がアップするので、値引きなどでコストダウンを狙いましょう。ヴェルファイア値引きの具体的な方法については↓の記事をご覧ください。

 

>>ヴェルファイア値引き情報トップ