4WDの対応状況|ハイブリッドは全車E-Four対応

ヴェルファイアの4WD対応状況とE-Fourの解説

ヴェルファイアの駆動方式には2WD/4WDがありますが、4WDの方は足回りの部品が増えるため、ハイブリッドでは対応不可能となっています。そのかわり、ヴェルファイアのハイブリッドは全車「E-Four」に対応しています。

 

各パワーユニットごとの駆動方式は以下の通りとなっています。

 

駆動方式

ハイブリッド

ガソリンエンジン

2WD(FF)

×

4WD

×

E-Four

×

 

E-Fourとは?

 

E-Fourはトヨタが開発したハイブリッド用の4WD(HV4WD)となっており、従来の前輪と後輪をプロペラシャフトでつなぐ4WDとは異なり、モーターで後輪を回転させる電子式の4WDのことです。

 

前輪 エンジン+フロントモーター
後輪 リヤモーター

 

E-Fourは以前からプリウスハイブリッドなどに搭載されていたシステムですが、ヴェルファイアには「高出力E-Four」という新設計の大型車両用システムが搭載されています。高出力E-Fourでは、バッテリーが大容量化され、フロントインバーターとリヤインバーターがフロントに集約されているため、重量の重いヴェルファイアでもしっかりと4輪駆動を実現することができています。

 

また、電子制御式のため、トルク配分は状況に合わせてリアルタイムに最適化されるため、機械式4WDに比べてずっと燃費効率が良いというメリットもあります。

 

ヴェルファイアのハイブリッドは全車E-Fourとなるため、ガソリングレードのように駆動方式で悩む必要がないというのも魅力です。

 

ヴェルファイア2WD/4WDの利点と欠点を比較

 

ヴェルファイアのガソリングレードの場合、2WD/4WDを選択する必要があります。4WDの方が悪路走破性が高く、雪道などでもラクに運転できるようになりますが、欠点も多いので安易に選ぶことはできません。まずは、各駆動方式の特徴を見てみましょう。

 

駆動方式 利点 欠点
2WD(FF)

・車体価格が安い
・燃費性能が高い

・悪路走破性が低い
4WD ・悪路走破性が高い

・車体価格が高い
・燃費性能が低い

 

↑の表を見ると、2WD/4WDでは以下の部分で違うことがわかります。

 

  1. 車体価格
  2. 燃費性能
  3. 悪路走破性

 

ヴェルファイア車体価格の違い

 

4WDは、2WDに比べておよそ20万円の価格アップです。これは4WDの方が2WDよりも足回りの構造が複雑になり、プロペラシャフトなどの部品が増えるからです。なので、ヴェルファイアの購入コストを抑えたいなら2WDの方がお得です。

 

ヴェルファイアの燃費性能が変わる

 

一般的に言って、4WDは2WDよりも燃費性能が落ちてしまいます。ヴェルファイアでもそれは同じで、燃費性能低下が起こってしまいます。

 

ZA"Gエディション"の燃費性能差

2WD

4WD

9.5km/リットル

9.1km/リットル

 

↑は一例ですが、4WDにすることでおよそ5%程度の燃費性能低下が起こります。

 

ただ、違う見方をすると、普通4WDを選択すると燃費性能は7~8%程度、多いものでは20%程度燃費性能が低下します。それを考えると、ヴェルファイアはかなり燃費低下率が低く、4WDを選んでも燃費性能が落ちにくい車種ということもできます。

 

ヴェルファイアの場合、4WDによる燃費性能低下率については、それほど考慮しなくてもよいでしょう。

 

>>ヴェルファイアの燃費は悪いの?実際の燃費はどう?

 

その他のヴェルファイア燃費性能情報については↑をご覧ください。

 

悪路走破性

 

悪路走破性については、圧倒的に4WDの方が上です。雪道や砂利道を走るときに、4WDの走破性能を体感することになるでしょう。一方、ヴェルファイアは車体が重いので、路面状況次第では2WDだと動けなくなるような場面が出てくる可能性があります。

 

ヴェルファイアの駆動方式のまとめ

 

まずハイブリッドに関しては、全車E-Fourとなるので駆動方式について悩む必要はありません。電子式の4WDとして作用するので、悪路走破性もそこそこ高く、雪道などでも安心して運転することができます。

 

次にヴェルファイアのガソリンエンジンの4WDですが、まず「価格アップ」の点についてしっかり考慮する必要があります。燃費性能もダウンしますが、それほど落ち幅が大きくないので、長い目で見ると多少のコストがかかりますが、気にするほどではないでしょう。あくまで車体価格がアップすることについてしっかり検討しましょう。

 

>>ヴェルファイア値引き情報はこちら

 

4WDを選ぶ場合は車体価格アップは避けられないので、↑の記事を参考にヴェルファイアの車体価格値引きなどでしっかり対応しましょう。