ヴェルファイアのグレード比較をしよう

ヴェルファイアグレード選びのポイントは?

ヴェルファイアだけに限った話ではないのですが、新車購入の際に「グレード選び」で頭を悩ませた経験を誰しも持っているはずです。

 

しかし、ヴェルファイアのグレード選びを適当にやっていては、営業マンの思うつぼ、何もわからないまま言われるままに一番売りたいグレードを契約されてしまい、後から後悔することになるでしょう。

 

こちらではヴェルファイアのグレードを適切に選ぶために、比較を行い、それぞれのグレードの違いを説明していきます。

 

少々長い記事になりますが、ぜひお付き合いください。

 

目次

 

ヴェルファイアのグレード価格一覧

 

手始めに、ヴェルファイアの主要グレードを確認しましょう。

 

グレード名 価格 燃費性能(JC08モード)
X 3,197,782円 11.6km/リットル
V 3,995,018円 11.6km/リットル
Z 3,578,727円 11.6km/リットル
Z“A EDITION” 3,754,473円 11.6km/リットル
Z“G EDITION” 4,173,709円 11.4km/リットル
ZA 4,145,237円 11.6km/リットル
ZA“G EDITION” 4,585,091円 11.4km/リットル
VL 4,842,327円 9.5km/リットル
エグゼクティブラウンジ 6,522,218円 9.5km/リットル
X(ハイブリッド) 4,155,055円 18.4km/リットル
V(ハイブリッド) 4,775,563円 18.4km/リットル
ZR(ハイブリッド) 4,919,891円 18.4km/リットル
V“L EDITION”(ハイブリッド) 5,356,800円 18.4km/リットル
ZR“G EDITION”(ハイブリッド) 5,501,127円 18.4km/リットル
エグゼクティブラウンジ(ハイブリッド) 7,036,691円 18.4km/リットル

 

主な価格差の要素は以下の通りです。

 

エアロボディ 35万円アップ
3.5リットルエンジン 40万円アップ
ハイブリッド 50万円アップ

 

ヴェルファイアのグレードはエアロボディ選びから始まる

上でも紹介していますとおり、ヴェルファイアには15種類のグレードがありますので、いきなり自分の好きなグレードを選ぶのは大変な作業です。

 

なので、最初は「エアロボディかそうでないか」という部分に着目しましょう。ヴェルファイアの中で「Z」という文字が入っているのはエアロボディ対応になっています。実は全グレードの中でもエアロボディのシェアは5割を超えています。

 

ヴェルファイアのエアロボディについての考え方は、大きく分けて以下の3つがあるでしょう。

 

  1. 純正エアロボディ車にしたい。
  2. 標準ボディで構わない(エアロボディは予算的にきつい)。
  3. 純正エアロボディを良く見かけるので、違う見た目にしたい。

 

それぞれの状況に合わせて、どう考えればいいかを説明します。

 

純正エアロボディ車

 

まず「純正エアロボディ」のヴェルファイアにこだわりがあるという場合は、グレード名に「Z」と付いたものから選ぶようにしましょう。すでに書いた通り、標準車との価格差は約35万円となります。

 

あとは、パワーユニットやシートアレンジ、インテリアなどを考慮してグレード選びをしていけばOKです。

 

標準車

 

純正エアロボディが予算的にきつい、もしくは標準で構わないという場合は、先ほどとは逆にヴェルファイアの「Z」のつかないグレードから選んでいけばOKです。その後、パワーユニットや装備などを考慮してグレード選びをしていきましょう。

 

ディーラーオプションのエアロボディ

 

「純正エアロボディはありふれているので、もっと特殊な外見にしたい」という人もいるはずです。実は、ヴェルファイアの場合ディーラーオプションのエアロボディを選ぶことも可能なので、よそで見かけないエアロを装着することもできます。

 

ディーラーでは、「TRD」と「モデリスタ」の2つのアフターパーツから選ぶことができます。

 

エアロパーツ例

  1. TRD

  2. エアロパーツセット(塗装済み、LEDなし):¥366,120

     

  3. モデリスタ

  4. エアロツアラー(塗装済み):¥326,160

 

↑のエアロパーツ例を見てもわかる通り、価格は35~40万円程度となり、Zグレードの純正エアロボディとそれほど価格は変わりません。

 

そのため、ヴェルファイアのエアロボディなしのグレードを選んでおき、ディーラーのエアロボディを選ぶという方法もアリなのです。

 

※Zグレード用のエアロボディも用意されていますが、その場合はZの価格差にディーラーエアロボディ料金も加算されるため価格は高くなります。

 

あとは、装備などを考慮してグレードを選択していけばOKです。

 

ヴェルファイアのエアロまとめ

 

ヴェルファイアの純正エアロボディが必要なら「Z」系のグレードを選ぶ様にしましょう。そうでなければその他のグレードを選ぶようにすればいいのです。また、もし純正以外のエアロが欲しい場合は、「Z」以外のグレードを選んでおき、ディーラーエアロボディを装着するのも手です。

 

エアロについて検討した時点で、かなりグレードの絞り込みを行うことができます。

 

ヴェルファイアのグレードはパワートレーン選びも重要

次に選択するべきなのは「パワートレーン」です。上記の表のとおり、ヴェルファイアには「2500CC」と「3500CC」のガソリンエンジン2種類、そして「ハイブリッド」が存在します。

 

それぞれの特徴をまとめてみましたのでご覧ください。

 

2500ccエンジン

・3500ccに比べて低燃費
・車体価格が安い
・パワー不足気味

3500ccエンジン

・十分なパワーが発揮される
・燃費があまり良くない
・車体価格が40万円ほど高くなる

ハイブリッド

・燃費が良い
・車体価格が50万円ほど高くなる

 

赤文字が良い点、逆に青文字が悪い点となります。

 

まずはガソリンエンジンについてですが、ミニバンはどうしても乗車人数や荷物が多くなりがちなので、この先もヴェルファイアに長く乗っていく事を考えると3500ccが理想的です。しかし、悩みの種になるのがコスト増加です。だいたい3500ccと2500ccでは1kmあたり2円のコスト差が生まれますが、その差は10万キロ走行した場合には20万円に達します。10万キロ走った場合、3500ccエンジンは2500CCよりも燃料コストだけでも20万円の差がつくのです。

 

更に、40万車体価格が上乗せとなりますので、併せて50~60万円程度コストが多くかかることになります。この上乗せ分をどう思うか、許容できるか否かがエンジン選択において大きなポイントとなります。

 

次にハイブリッドですが、2.5リットルと比べて価格差は50万円にもなります。ただし、燃費性能がアップするため10万キロ走行した場合の燃費コストはマイナス40万円ほど。3.5リットルエンジンと比較すると60万円ほどになります。しかも、重量税・取得税が優遇されるほか、売却時の買取価格もアップします。なので、トータルのコスト差でいうと

 

3.5リットルガソリンエンジン > ハイブリッド ≧ 2.5リットルガソリンエンジン

 

と考えていいでしょう。ヴェルファイアを長期間利用するのであれば、ハイブリッドと2.5リットルエンジンのコスト差はほとんどなくなるのです。

 

しかも、3.5リットルエンジンとハイブリッドは2.5リットルエンジンに比べて内装類が豪華になっています。例えばフロントシート中央のコンソールボックスは全部で5タイプありますが、ZAを除く3.5リットル/ハイブリッド車はリヤに後席シート用の小物入れや収納ボックスが付きます。

 

以上を考慮すると、それぞれのパワートレーンが向いている人は以下の通りとなります。

 

2.5リットルエンジン ・購入コストを抑えたい人。
3.5リットルエンジン

・購入コストや燃費は度外視するので、とにかくパワーが欲しい人。
・内装類も充実させたい人。

ハイブリッド

・トータルコストを抑えたい人。
・内装類も充実させたい人。
・給油回数を減らしたい人。

 

以上を考慮して、パワートレーンを選択していきましょう。

 

ヴェルファイアグレード選びの仕上げは装備面の違いを見る

 

ヴェルファイアのエアロボディの扱い、エンジンの選択が終わったら、最後は装備に関して考えていきます。装備は大変バリエーションに富んでいますが、その中から重要なものをいくつかピックアップして解説いたします。

 

「超ロングスライド」と「パワーリクライニング」

ヴェルファイアのグレード選びで複雑な要素の中のひとつです。2列目シートの機能には「超ロングスライド」と「パワーリクライニング」がありますが、実際には二つの中からどちらかひとつしか選べないのです。

 

機能名 ガソリングレード ハイブリッドグレード
超ロングスライド

V
ZA
Z

V
X
ZR

パワーリクライニング

VL
ZA"Gエディション"
ZA"Gエディション"

V"Lエディション"
ZR"Gエディション"

 

それぞれの機能を搭載できるヴェルファイアのグレードは上記の様になります。ですから、超ロングスライドが欲しいのか、もしくはパワーリクライニングをつけたいのか、これに強いこだわりを持っている方にはここは大変重要な選択肢となります。

 

3列目シートの座り心地

 

ミニバンは3列目シートの座り心地がイマイチなことが多いですが、ヴェルファイアの場合センターアームレスト付きを選ぶことができ、快適性をアップできます。センターアームレストに対応しているのは以下の通りです。

 

機能名

X(ガソリン・ハイブリッド共通)

それ以外のグレード

3列目センターアームレスト

なし

標準装備

 

サードシートの快適性も重視するなら、「X」グレードは避けたほうがよさそうです。

 

ウェルカムパワースライドドア&予約ロック機能

 

ヴェルファイアへ近づくだけで自動的にスライドドアを開けることのできる機能「ウェルカムパワースライドドア」ですが、この機能の装備状況は以下の通りです。

 

ヴェルファイアガソリンエンジンの場合

 

装備名 X、ZA、Z"Aエディション"、Z V VL、ZA"Gエディション"、Z"Gエディション"
ウェルカムパワースライド&予約ロック機能 なし メーカーオプション(54,000円) 標準装備

 

ヴェルファイアハイブリッドの場合

装備名 X V、ZR V"Lエディション"、ZR”Gエディション”
ウェルカムパワースライド&予約ロック機能 なし メーカーオプション(54,000円) 標準装備

 

ヴェルファイアのグレードによってはメーカーオプション設定も可能ですが、設定不可のグレードもあるので、ウェルカムパワースライドなどの機能を使いたい場合はグレード選択が重要です。

 

クルーズコントロール

 

ヴェルファイアの「Z」グレードだけは、クルーズコントロールはありませんし、オプション設定もNGとなっています。その他ののエアロボディグレードには標準搭載です。

 

エアロボディ&ガソリンエンジンのベストグレードは?

 

まず、標準ボディから選ぶ場合ですが、最廉価グレードの「X」はウェルカムパワースライドなどもついていないので機能面でかなり心もとなく、シートもファブリック素材が中心になってしまう少々寂しいグレードですのでできれば避けたいところです。なので、Vグレード(3.5リットルエンジンならVL)以上から選んでいきましょう。

 

ヴェルファイア標準ボディの場合、基本的には「V」がおすすめです。シートアレンジがパワー式となりますし、ウェルカムパワースライドドアがメーカーオプション(54.000円)により追加することができます。VLはより一層内装が豪勢にはなりますが、80万の予算上積みとなると少し検討の時間が必要となります。

 

ヴェルファイアのエアロボディグレードの場合も、最廉価の「Z」は装備面が弱いのでNG。悩むのはA EDITIONとG EDITIONですが、Gにはウェルカムパワースライドが付くほか、シートの素材が合成皮革になる等のプレミアム感を増す仕様になっています。40万円程度予算は高くはなりますが、現実に全体の4割近くがG EDITIONを選んでいるほどの人気グレードです。多少予算を用意してでもG EDITIONを購入するのをおすすめします。

 

ヴェルファイアのハイブリッドを選ぶ場合は、それほど選択の余地はありません。標準ボディから選ぶ場合、ガソリンのときと同じく「X」は装備が貧弱なので、V以上から予算に応じて選びましょう。

 

そしてハイブリッドのエアログレードについても難しくはありません。グレードが2種類しかないので、選別は比較的簡単な部類に入ります。

 

グレード名 価格
ZR 4,919,891円
ZR“G EDITION” 5,501,127円

 

その額が60万円程ですから、その差額を許容できるかどうかがヴェルファイア選びのポイントになります。

 

装備の違い

 

オートマチックハイビーム → ZR“G EDITION”のみ
ステアリングヒーター  → ZR“G EDITION”のみ
シート本革 → ZR“G EDITION”パッケージのみ

 

基本的な違いはこのヴェルファイアの装備の有無程度であまり大きい差はないです。そうなるとどうしてこれだほどの差額が出てしまうのか?というと、「シート本革」の部分が非常に大きいです。差額のほとんどはこの「本革」の部分です。

 

なので、「シートが本革である必要はない」という場合であれば、「ZR」で全く問題ありません。

 

エグゼクティブラウンジシートは必要?

 

ヴェルファイアのグレード一覧を見ていると、「エグゼクティブラウンジ」が目に入ります。全グレードの中でも最も高く、ハイブリッドの場合は700万円を超えてしまうからです。

 

エグゼクティブラウンジと、その他のグレードの主な違いは以下の通りです。

 

  1. 1~2列目の8ウェイ電動式パワーシート&全面本革仕様
  2. 70万円相当のナビが標準装備
  3. 読書灯などの装備が追加

 

1つ下のヴェルファイアグレードとの価格差は170万円にもなりますが、そのうちのほとんどは全面本革仕様のシートと70万円相当のナビの差となります。特に本革仕様シートは非常にコストがかかるので、そのために価格がアップしていると言ってもいいくらいです。

 

なので、ナビはディーラーので構わないし、本革もいらないという場合はエグゼクティブラウンジは必要ないでしょう。予算がいくらかかってもいいから最高級のものにしたい、という場合以外は、エグゼクティブラウンジを選ぶ必要はありません。

 

ヴェルファイアのユニークなグレード「特別仕様車」や「サイドリフトアップシート装着車」

 

特別仕様車の「GOLDEN EYE」

 

 

ヴェルファイアの新規特別仕様車として、「GOLDEN EYES」が追加されました。主な特徴は金色に輝くヘッドライトで、特に夜間の走行でかなり目立つことができます。

 

対応グレードは以下の2種で、ガソリンエンジンのみとなります。

 

特別仕様車ZA "GOLDEN EYES" 4,317,055円
特別仕様車Z "A EDTION - GOLDEN EYES" 3,926291円

 

通常のグレードとの価格差は17万円となりますが、主に以下の装備が追加されます。

 

  1. 専用フロントグリル、フロントエンブレム
  2. 専用アルミホイール
  3. ゴールドメッキヘッドランプ
  4. バックドアガーニッシュ
  5. フロントフォグランプ
  6. パワーバックドア
  7. アクセサリーコンセント
  8. 専用ゴールドスマートキー

 

この中でも特に大きいのがやはり「ゴールドメッキヘッドランプ」で、夜間の走行ではひと目で「GOLDEN EYES」とわかるため、人と違うヴェルファイアに乗りたい場合は大きな魅力となるでしょう。また、機能面ではパワーバックドアが追加されるため、荷室の利便性がアップします。

 

とはいえ、ほとんどが加飾の部分の追加になるため、そこで17万円アップが許容できるかは人によるでしょう。また、標準ボディの設定がないため、「ボディはエアロじゃなくていい」という人にとっては選択肢から外れるグレートとなります。

 

やはり大きいのは金色のヘッドライトなので、そこにこだわる場合のみ選んでみるとよいでしょう。

 

ウェルキャブについて

 

ヴェルファイアには、各種グレードの他に、「ウェルキャブ」と呼ばれるサイドリフトアップシート装着車が用意されています。

 

 

↑の画像のように、2列目シートが横回転し、スライドドアからはみ出るため、高齢者などが乗降しやすい車両となっています。

 

パワートレーン

対応グレード

価格差

ガソリンエンジン

X、Z、V、VL

約10万円

ハイブリッド

X、ZR

約10万円

 

ウェルキャブに対応しているヴェルファイアのグレードと価格差は↑です。見てわかるように、Gエディションなどの各種追加エディションは非対応となっているため、ウェルキャブ車は比較的装備については充実度が低いことになります。

 

ただし、福祉車両ということで消費税が非課税となるため、グレードにもよりますがおおむね25万円程度安く買えるというメリットがあります。そのため、大型の機構が追加されるわりに価格差は10万円程度に抑えられており、導入しやすいのが魅力です。

 

高齢者を送迎する機会が多いなどの理由があるなら、ウェルキャブ車の購入を検討するのもありでしょう。

 

ヴェルファイアの人気グレードランキング

 

ランキング グレード名 比率
1位 Z Gエディション 35%
2位 Z Aエディション 22%
3位 Z 13%

ヴェルファイアのグレードランキングを見ての通り、圧倒的にエアロボディ系のグレードが人気になっています。中でも、ヴェルファイアの上級グレード Z“G EDITION”が支持を集めており、ヴェルファイア全体の4割近いシェアを持っていることがわかります。

 

ヴェルファイア格安購入術

 

どうせなら、ヴェルファイアを格安で買いたい!という人も多いことでしょう。ディーラー値引きにチャレンジしてもいいですが、難易度は高いですし、失敗したら時間の無駄にもなってしまいます。

 

そこでおすすめしたいのが、未使用車です。

 

未使用のヴェルファイアであれば、新車と車体・保証面ともに変化ありませんし、ずっと安く買うことができるのです。

 

  Z Gエディション新車 Z Gエディション 未使用車
外観    
ボディカラー ホワイトパールクリスタルシャイン ホワイトパールクリスタルシャイン
走行距離 2~3km 2km
装備 ・ビルトインETC・フロアマット ・ビルトインETC・フロアマット
重量税・取得税 ¥124,400 ¥0
乗りだし価格 \4,238,833 \3,390,000

差額は85万円

 

↑はヴェルファイアのZ Gエディションの新車と未使用車の比較ですが、価格差が85万円にもなっています。

 

未使用車は新車登録済みなので、取得税や重量税がかかりません。この例の場合、それだけで約12万円もの節約になっています。

 

そういうお得な要素もあって、未使用車は新車より60~80万円程度安いのが相場になっています。ディーラー値引きで購入するよりもずっと安いことになります。

 

「ハイブリッドがいいけど予算が足りないな…」
「エアログレードがいいけど高いなぁ…」

 

なんて場合も、未使用ヴェルファイアなら予算内に収まる可能性が高いです。

 

ヴェルファイアの未使用車を見つけよう


未使用車は中古車販売店に売っていますが、グレードや色が店によってまちまちなので、自分好みのグレード・カラーのヴェルファイアを探すのは困難です。メーカーオプション装備状況も店によって違います。なので、ネットで検索して探すのがいいでしょう。

 

ただ、「Goo-net」「カーセンサー」などの中古車検索サイトでは、未使用車のほとんどが「非公開」だったりします。こういうサイトは掲載するのに費用がかかるので、「じゃあ掲載しないでおこう」ということが非常に多いのです。実際には、ネットで公開されているのの数倍もの非公開車両があります。

 

なので、ネットを利用して未使用車を探したいなら、非公開対応のサービスを使うのが絶対条件です。

未使用ヴェルファイアを探すなら「なびくる+」がおすすめ

非公開対応のサービスの中では、「なびくる+」がおすすめです。非公開対応はもちろんですが、なんといっても魅力なのが年間60万台もの在庫をもっている点です。当然、希望のヴェルファイアが見つかる可能性も高いです。

 

 

使い方も簡単で、↑の画像のように備考欄に希望条件を書いていくだけでOKです。そうすれば、自分に合った未使用ヴェルファイアが提案してもらえます。

 

非公開車両なしで未使用車を探すのは無謀ですし、なによりもったいないです。一度はこういったサービスを利用したほうがいいでしょう。

 

なお、なびくる+は中古車在庫も豊富で、走行距離数千キロ~1万キロくらいでキズなしといった条件の中古車が半額近い価格で売られているケースもあります。なので、予算に限りがあるときは中古車も視野にいれるといいでしょう。

 

なびくる+の公式サイトはこちらです
→ https://a-navikuru.com/

未使用車と新車について

「未使用車って中古じゃないの?」という不安があるかもしれません。

 

まず走行距離ですが、たしかに未使用車は数キロ走った状態で販売されています。ただ、新車も最終検査で数キロは必ず走るので、車体としては変化ありません。

 

次に保証面ですが、新車は3年間のメーカー保証がつくことになっています。しかし、未使用車もディーラーに持ち込むことで3年間のメーカー保証を受けられるので、条件はほとんど同じです。

 

未使用車にデメリットはないの?

たしかにデメリットはあります。

 

未使用車は完成品となるので、グレード・ボディ色の変更はできません。また、メーカーオプションもあとから追加できません。
※ディーラーオプションは自由に追加可能

 

ただ、「なびくる+」を使って条件を指定しておけば、グレードやボディ色、メーカーオプションを絞ることができるので、このデメリットは解消できます。

 

もちろん希望通りのヴェルファイアがないこともありますが、「入荷次第ご連絡」ということも可能なので、一度ご連絡しておくことをおすすめします。

 

なびくる+の公式サイトはこちらです
→ https://a-navikuru.com/

 

愛車の売却も重要!

 

ヴェルファイアをいくら安く買えても、愛車の売却が安いとトータルでマイナスに転落するかもしれません。

 

ディーラー1社、あるいは中古車買取店1社だけの査定だと、相場通りの査定額が出ているかどうか判断できないので、複数の業者から一括査定を受けましょう。ネットの一括査定サービスであれば、同時に複数の業者から査定してもらえるので、オークションのような形になり、ディーラー下取りよりも30万円高く売れることもあります。

 

 

一括査定サービスで一番人気なのが「かんたん車査定ガイド」です。その場で暫定の買取価格がわかるほか、1分程度で査定完了できます。

 

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちらです。
→ http://a-satei.com/