ヴェルファイアの燃費比較

ヴェルファイアは車体サイズが大きい割に燃費性能は高い

ヴェルファイアはミニバン車種の中でもかなり大型の車種ですので、そうなると燃費も良くないんじゃないの? と思われる方も多いはずです。

 

旧型の時点でハイブリットは存在していましたが、実際問題ガソリンエンジンモデルの燃費の悪さはネックとなっていました。
しかし現行モデルの燃費はどう変わったのかを説明していきたいと思います。

 

まずは、ヴェルファイアのJC08モードの燃費性能の確認をしていきましょう。

 

パワーユニット エンジン(cc) 燃費性能
ハイブリッド 2500cc 18.4~19.4km/リットル
ガソリンエンジン 2500cc 11.4~11.6km/リットル
ガソリンエンジン 3500cc 9.5km/リットル

 

ハイブリッドモデルは実に20km/リットルという高い燃費が出ています。数値で見ればこれはガソリンエンジン搭載のコンパクトカーに迫る値で、燃費はかなり良いと言えるでしょう。

 

かたやガソリンエンジンは2500ccエンジンは11km/リットル程度、3500ccに至っては1ケタ程といまいち振るわない数値となっています、この数値はヴェルファイアの車体の大きさでは仕方ないと行っても差し支えないでしょう。

 

ヴェルファイアハイブリッドの燃費に関して

 

始めにヴェルファイアのハイブリッドモデルの燃費性能を確認していきましょう。上記の表にあるように18.4~19.4/リットルというかなり高い数値を発揮しており、車体の大きさから考えれば、一昔前ではありえないレベルの低燃費です。

 

比較対象となる同じくらいの大きさの車種がいないので比べるのは難しいですが、あえて挙げるとすればトヨタのエスティマが挙がりますので、ライバル車種と仮定して比べました。

 

車種名 車両重量 燃費性能
ヴェルファイア 2,140kg 18.4~19.4km/リットル
エスティマ 1,930kg 18.0km/リットル

 

なんとヴェルファイアの方が燃費性能が高いのです。200kg近く重いはずのヴェルファイアの方が燃費が良いのはなぜでしょうか。

 

その秘密は、ヴェルファイアについているアイドリングストップ機能にあります。燃費性能を向上させるハイブリッドシステムやE-Fourはどちらの車種にも搭載されていますので、勝負を分けたのはアイドリングストップの有無であることは間違いないでしょう。

 

その上、ヴェルファイアの方が全高が高く、広々とした車内は快適でそこに更に燃費性能の高さも加わることであり非の打ちどころのない車種と言っても過言ではありません。

 

ヴェルファイアガソリンエンジンの燃費を解説

 

ハイブリッドの燃費性能がとてもいいのはこれまでの説明でご理解いただけたかとは思いますが、ガソリンエンジンの方はどうなのか気になっている方も多いと思います。既に説明したように2500ccモデルで約11km/リットル、3500ccモデルでは9km/リットルとイマイチな印象です。

 

ですが必ずしも、ハイブリッドの方がお得だからハイブリッドを買うべき!という話にはなりません。ハイブリッドはガソリンエンジンモデルよりも車体価格が100万円程高いですから、低燃費だからと言って一概にトータルコストも安いとは言えないのです。

 

一例を上げますと、、ハイブリッドとガソリンエンジンの2500cc同士を比べた場合、1km走るごとの燃費コストは以下のようになります。

 

1km走行あたりの燃費コスト

ガソリンエンジン ハイブリッド
10.9円 6.3円

 

その差は4.6円でしから、ハイブリッドで1km走るごとに、ガソリンエンジンと比較すれば4.6円の差が発生するということになりますが、前述のように車体価格が100万円程変わってきますので、20万キロ程度走らなければ車体価格の差額を相殺することはできないということになります。

 

ハイブリッドは売却する際に高く売れますし、税金面でもエコカー減税がありますので実際にの差額はもっと減ります、それでも10万キロ以上走らなければハイブリッドの方がトータルコストで高くなってしまいます。

 

ですから、ガソリンエンジンだからといって燃費性能が良くないと考えるのではなく、ハイブリッドのトータルコストを考慮した上での選ぶようにしましょう。

 

ライバル車種との比較

 

データ上ではあまり燃費が良くないように見えるヴェルファイアのガソリンエンジンモデル、他の車種比較したらどうなのか確認してみましょう。

 

2500ccエンジン比較

 

ヴェルファイア 11.6km/リットル
エルグランド 10.8km/リットル

 

2500ccエンジンは、同タイプのエルグランドよりもやや燃費性能では上回っています。出た状は悪いようにも見えますが、実際にはそこまで悪い燃費ではないということです。

 

3500ccエンジン比較

 

ヴェルファイア(3500cc) 9.5km/リットル(JC08モード)
メルセデスベンツ Vクラス(3500cc) 7.4km/リットル(10・15モード)

 

3500ccエンジン同士であるベンツVクラスと比べた場合には、ヴェルファイアの方が低燃費になっています。しかし、ヴェルファイアはJC08モードで測定を行っていますが、一方Vクラスは10・15の測定を行っていますので一概に比べることはできません。しかしながら10・15の方が良い数値が出るとされていますので、そう考えればヴェルファイアの方が低燃費なのは変わらないでしょう。

 

 

 

上記を踏まえて検討すれば、ヴェルファイアのガソリンエンジンも、2500cc、3500ccの両者ともそこまでは低燃費ではないだろうということになります。最後には、ハイブリッドの車体価格と自分の使い方を良く考慮して、どちらがトータルコストを抑える事ができるかで選びましょう。

 

ヴェルファイアの実燃費を見てみましょう

 

ここまではヴェルファイアの燃費性能の検討を行ってきましたが、これらはカタログスペック、データ上の話です。実燃費は実際にどんな運転をするかどんな場所を走るかで大きく変わってきますのでカタログデータと全く同じ数字が出るわけではありません。

 

 

ですが、沢山のデータを集めてつなぎ合わせれば、基本的なところはわかってきます。こちらでは実燃費データが全国から集まってくる「みんカラ」の情報を参考に検証を行いました。3500人以上の口コミデータがありますので、信頼のおけるデータを作る事ができます。

 

ハイブリッドの実燃費

 

 

ヴェルファイアハイブリッド平均実燃費 11.82km/L

 

ハイブリッドのカタログ燃費が18km/リットル程であるのにもかかわらず、いまいちパッとしない平均実燃費です。ヴェルファイアは車体が大きく重量もあるので、ちょっとした環境の変化(空気抵抗など)の影響をもろに受けての形であると思われます。

 

ですが、口コミの中に13~14km/リットルを出している報告もありますし、丁寧な運転をそこそこの実燃費は実現できるでしょう。

 

みんカラ:http://minkara.carview.co.jp/car/toyota/vellfirehybrid/nenpi/

 

ガソリンエンジンの実燃費

 

 

 

ヴェルファイアガソリンエンジンの平均実燃費 8.56km/リットル

 

ハイブリッドの方は燃費低下率が40%(要確認)だったのと比べ、ガソリンエンジンは22%程の低下率に踏みとどまっています。10km/リットル以上の報告も見受けられますから、スマートな運転を心がければカタログ上の燃費に迫ることも不可能ではありません。

 

その一方で5km/リットルを切ってしまっている報告もあります。これではいくら燃料を補給してもきりがありません。急加速急ブレーキなどの荒っぽい運転を避けることで燃費を向上させることでコストの増加を阻止しましょう。

 

みんカラ:http://minkara.carview.co.jp/car/toyota/vellfire/nenpi/